妊娠しやすいからだづくり

妊娠しやすいからだづくりのためのヨガの考え方を、ご紹介いただきました。
妊活のパラドックスについて書いています。
本当の妊活は、妊活を一休みする心の余裕をもつことかもしれません。

次回は2月12日掲載予定です。
2013.02.08 Friday 14:32 | 子宝ヨガ(不妊治療) | comments(0) | trackbacks(0)

「不妊治療のためのヨガ」を担当いただける先生の募集です

これまで子宝ヨガ、不妊治療のためのヨガ指導者養成講座をご受講くださったみなさまへ 

来年より東日本橋の Lotus 8 にて高齢者の方を対象とした「不妊治療のためのヨガ」を担当いただけるインストラクターの先生を募集いたしております。 
Lotus 8さんではメディカルヨガの一環として、セラピーとしてのヨガを充実させていく方向とのことです。 日時、契約形態などは直接Lotus 8さまとご交渉いただくことになりますが、関心のある方は下記佐藤さんまでご連絡を頂ければと思います。 

Studio Director 佐藤美希さん sato@lotus8.co.jp tel: 03-6825-6888
2012.10.08 Monday 06:17 | 子宝ヨガ(不妊治療) | comments(0) | trackbacks(0)

不妊治療とヨガについて

不妊治療と民間療法に関する研究にインタビューというかたちで関わらせていただきました。

2012.08.28 Tuesday 02:30 | 子宝ヨガ(不妊治療) | comments(0) | trackbacks(0)

1/29 不妊治療のためのヨガセラピー by いのうえ先生 のご案内

1/29に埼玉で行われます、不妊治療ヨガワークショップのご案内です。
詳細、お申し込みはは下記、ご参照ください。
(ルナワークスによるワークショップではありませんのでご注意ください)

http://ameblo.jp/saitamayoga/entry-11133583595.html 

1/29(日)13:15-14:45 スペースC(10名)  
テーマ「不妊治療のためのヨガセラピー」 
☆既婚未婚・不妊治療の有無は関係ありません。すべての女性に向けてのクラスになります 
☆参加のみなさんでお話する時間を少しもうけますが「すべてを話さなきゃいけない」ことではありません 
★前回のWSの様子 http://ameblo.jp/saitamayoga/entry-11117694450.html 
・予約   info@yoga-kyoushitsu.com   へ 
お名前・希望日程をお書きいただき送信してください 
・代金: 一般1700円(会員のご紹介は100円引) 
 *今回もおいしいお茶をのみながら ゆったりした時間をすごしたいと思います。ご参加おまちしております♪


2012.01.19 Thursday 10:32 | 子宝ヨガ(不妊治療) | - | -

リストラティブのリラックスが運んできた赤ちゃん

生徒さんからの嬉しいお便りです。私もリストラティブヨガのおかげで赤ちゃんに恵まれました。リストラティブヨガが多くの女性たちが妊娠しやすい心と身体になるお手伝いができますように・・

***********

神様から素晴らしい贈り物です。 私たちに赤ちゃんができました。 今 2ヶ月目です。 ドキドキワクワクです。最近は妊娠への執着からはなれて 一人の時間には 灯りを消して窓を開けて夜風を 味わいながら リストラティブを楽しんでいたのが 心と魂に良い栄養をおくっていたのだと思ってます。
2011.11.04 Friday 07:55 | 子宝ヨガ(不妊治療) | - | -

子宝ヨガクラス:板橋区スタジオふたばにて

7月24日日曜日、私は参加できないのですが、板橋区のスタジオふたばにて
子宝ヨガのワークショップが開講されます。
13:30〜15:30
(指導者養成ではなく、一般向けのワークショップです)

先生は私と同じお名前の Tomo さんです。
赤ちゃんを望まれているお友達、ご兄弟がいらっしゃいましたら、参加を勧められてみてください。
2011.07.07 Thursday 18:46 | 子宝ヨガ(不妊治療) | - | -

子宝ヨガ:先生からの嬉しいお便り

子宝ヨガ、10月の24,25日 1月16,17日(日本育児支援協会様主宰)で開講しますが、以前受けていただいた生徒さんから最近とても嬉しいお便りをいただきましたのでご紹介させていただきます。

7月に私の生徒さんに「子宝ヨガ」講座やらせていただきました。 私はもともと東洋医学を少し、針の先生から教わっていたので 東洋医学やツボをメインに、先生の内容をお借りして説明しました。 講習時間があまり取れなくて、かなり早足になってしまい受講生には申し訳なかったのですが 無事終えることができました。我孫子、柏、松戸から生徒さんが30人くらい集まっていただき 需要が多いことに気付きました。 ヨガプラス東洋医学に興味を持った方がいたので、成功だったかなと思います。 
最近は、ヨガを通して、できるだけ、楽に自分らしく楽しく生きていけるアドバイスができる講師に なりたいと思い、いろいろ講座に通ったり、書籍に目を通しています。 季節によって「今の時期はこうするといいですよ」とか 腰痛の方や肩こりの方に、それぞれ簡単だけど、その方にあった気軽にできる生活術を伝えられたと 思っています。子宝ヨガを教わってから、だいぶ自分の方向性が見えてきた気がします。 ひとりひとりに合ったヨガや生活のアドバイスができたら、素晴らしいですよね♪ ヨガはとても奥が深く、今新しいものを勉強したり伝えられることがとても楽しいです。 最近は、少しずつヨガの仕事も増えてきて、生徒さんに会える喜びも多くなりました。 

2009.10.04 Sunday 09:25 | 子宝ヨガ(不妊治療) | comments(0) | trackbacks(0)

子宝ヨガ、そのハードル

ヨガ不妊症に効くというけど・・・ヨガスタジオに行ってみたけど私にはついていけそうにない、みんなヨガに夢中な人たちばっかりで退いちゃう・・・ヨガの何が妊娠に効果的なのかがよくわからない・・・そういう不安から、ヨガはまだ、十分にその効果を実感してもらってはいないと思います。 

なぜなら日本には、まだ、そのような方々が安心して通える 
  • 子宝のためのヨガクラス 
  • 男性のための子宝ヨガクラス 
という教室が数えるほどしか存在しないからなのです。 

日本のヨガ界は、ヨガの先生やヨガの愛好家たちが牽引している世界ですが、北米ではNIH(国家保健機構)が中心となり「ヨガセラピー」という学問領域が、ヨガの持つ補完・代替医療としての可能性の研究、検証発表に日々取り組んでいます。 

10/24,25に日本育児支援協会様のご協力のもと開講する「子宝ヨガ指導者育成コース」も2009年の国際ヨガセラピスト学会において学ばれきたものがベースとなっていますが、未妊に限らず、ヨガによって副作用の無い症状改善を期待できる「未病」の患者さんが日本にもたくさんいます。 ヨガのよさを十分に学んできた私たちがこのような患者さんたちに、ヨガ界の内輪の言葉ではなく、誰にでも分かる平易な言葉でヨガを紹介し、ヨガへの入り口に誘ってあげることからはじめて行けたらと思います。

子宝ヨガは、特殊な流派でも、行法でもありません。未妊の方々の心と身体の状態を妊娠しやすい状態にいざなうための、初心者向けのヨガのポーズや呼吸法が中心となります。だからこそ、未任の状態にある方々の心と身体の状態、傾向の理解に努めることなくして、原因と考えられる身体のくせにアプローチしていくことは難しいのです。 

また、私たちはどうしても、自分たちが普段当たり前のようにできるポーズを教えようとしてしまいがちです。しかし、未妊の状態でヨガ教室のドアをたたく患者様は、ほとんどがヨガに対して初心者です。初心者の人がどうやったらヨガに偏見や先入観を持つこと無く、安心して取り組み続けることが出来るか、ということも考えていく必要があります。 

ヨガを学んできた私たちにとって、ヨガスートラや八支則やアーサナの達成はとても崇高なものです。しかし、目の前の未妊という状態に心悩ますクライアントたちにとっては、心と身体のレスキューが何よりの急務です。そのような概念まで、詰め込まれる余裕がありません。 ヨガは単なる体操ではなく、呼吸と動きを連動させ、さらにそこに心の平安に向けたメッセージを乗せた楽しみです。ですから、ヨガを楽しむときのエッセンスを、ごく普通の人たちが普通の言葉で共有できるような問いかけをしながら、クラスを進めていくことも大切です。 

また、ヨガセラピーは治療である以上、決してクライアントさんたちの心と身体に無理があってはいけません。ヨガでは無理をしない、自分のペースで、といくら言ったところで、まじめな日本の生徒さんたちは、まじめな故に知らず知らずのうちに無理をし、先生と同じポーズをとることに夢中になってしまいます。 ヨガを楽しむ上で、気をつけるべき7つのポイントをクラスの中で、生徒さんたちとの共通認識に高めていくことができれば、その人にとって難しいポーズは簡略化したポーズで置き換えるという判断も下せるようになってくるはずです。 

肩に力が入り、呼吸もそこそこにしかできないぐらいきついポーズをいくらとったところで、ヨガが本来持つ効能を十分に享受することはできません。いわゆるポーズの完成形、と言われるところを目指し、楽に呼吸を楽しめないのであれば、あるいは顔から笑顔が消えてしまうのであれば、ポーズの難易度を半分まで落とし、そこで自分が最大限に味わえる気持ちいい呼吸と、優しい微笑みでヨガを楽しんだ方がよっぽど充実した時間を送ることができます。 

そのためにも、子宝ヨガを始めとする「セラピー:治療」としてのヨガの指導者には、指導ではなくむしろ「理解」「受容」「誘因」という視点が求められます。 また、不妊治療は出口が見えないトンネルと言われるほど、当事者の方々にとってはとても不安でストレスがたまり、そして「赤ちゃん」という言葉にすらとても敏感になっています。そういう事情に対し理解に努めようとすることも大切です。夫婦間の問題で悩まれているカップルも相談にくることでしょう。  

不妊という、とてもデリケートなテーマに対し、ヨガが何ができて何ができないのか。
そして、できることをちょうどいいほどの大きさの声で伝えていくにはどうしたらいいのか、これには答えがありませんが、随時開講しておりますワークショップがみんなで考える場になればと思います。認定証を日本育児支援協会から発行いただける、10月24,25日のワークショップは残りわずかとなりましたが、この分野に興味をお持ちいただけるヨガの先生方、個人やグループ講習も行っておりますので、お問い合わせください。ヨガが授かり待ちにいいらしい、という期待を胸にヨガスタジオの扉をたたく生徒さんに、優しいヨガをお伝えいただける先生に、北米ですでにはじまっている「授かり待ち治療への取り組みとしてのヨガ」をお伝えし、普及にご協力いただけたらと思います。

私の講座は資格ではありませんので、インストラクターとして働かれている方のみならず、ヨガの素晴らしさを誰かに伝えたい、という想いをお持ちの方、これから学んでいこうという方にもご受講いただけたらと思います。本当は、男性の不妊のお悩みに対しカウンセリングを行っていきたいというヨギーの方々をもお待ち申し上げております(私自身もカウンセリングをお受けしております)とても難しいジャンルであることは承知の上ですが、授かり待ちの要因として、日々のストレスに苦しむ男性要因の確率がどんどん上がってきていることも事実ですし、残念なことだと思います。

また、養成講座では男性、女性、初心者、上級者問わず、ヨガを教える際の危険性、安全な指導方法(上述の安全のための7つのルール)について共有させていただければと思います。

高齢者向けのヨガ養成クラスも同じような想いで開講しております。
前回のブログにも書きましたが、先生方のグループ講習にもお伺いさせていただいておりますので、お問い合わせください。

2009.09.28 Monday 21:00 | 子宝ヨガ(不妊治療) | comments(0) | trackbacks(0)