アメリカが国を挙げて代替療法に取り組む理由

1990年に米国ではハーバード大学のアイゼンバーグ博士が国民に対して医療調査をしたところ、なんと全ての国民の3分の1(約34%)が代替療法を利用していることがわかり、西洋・近代医学一辺倒だった政府に衝撃を与えました。
そこで、政府は代替療法に関しての調査を行い、それが適切なものであるならば正規の医療として採用していこうと考えたのです。そこで、1992年よりNIH(米国国立衛生研究所)ではOAM(代替医療調査室 Office of Alternative Medicine)を設置し、代替療法の有効性などについての調査を開始します。1999年にはこの組織をさらに格上げして国立相補・代替医療研究センターとし、13の大学に年間およそ5000万ドルの研究費をつけたのです。この研究費は2001年には8600万ドル、2002年に1億ドル、そして2003年には1億7600万ドルと増加していきました。

ところで、代替療法が注目を集めるようになったきっかけは、やはり1960年代後半の米国にあります。薬の副作用や薬害、それに医療制度に対する疑問などが一気に噴出し、反戦運動などと時を同じくして社会的なムーブメントとなり、その影響はわが国にも及びました。
また、現在の米国でサプリメントなどのマーケットが大きいのはマイケル・ムーア監督の「SiCKO(シッコ)」に映し出されていたように、米国ではわが国のような医療保険制度がないため、「病気になってしまっては巨額の医療費を払わされる。」と考えた人々が病気の予防に意識を向けたためとも言われています。

(グリーンフラスコ代表 林先生の記事より引用)

2008.08.18 Monday 09:46 | 統合医療にかける期待 | - | -

実は無意識に行なっている代替療法

皆さんは強い頭痛に襲われたときにどう対処しますか? 
普通はドラッグストアで購入した頭痛薬を飲むことが多いかも知れません。症状が重いときは駅前のクリニックに行くかも知れませんし、ハーブやアロマテラピーに詳しい人であればカモミールティーを飲んだり、ラベンダーの精油の入ったマッサージオイルで首すじをマッサージする方もいるでしょう。あるいは、近所の鍼灸院で鍼を打ってもらう人もいれば、整体の治療を受ける人もいるでしょう。こうしてみると、私たちの身の回りには数多くの治療法があり、無意識のうちに状況に応じ、それらの中から適切なものを自分で選んでいることがわかります。

2008.08.18 Monday 09:43 | 統合医療にかける期待 | - | -

西洋医学と代替療法

わが国の医療は、大きく2つのグループに分けると

1)西洋・近代医学
2)代替(だいたい)療法

に分けられます。
1)の西洋・近代医学はその名の通り、近代に西洋で発展した医療で、医薬品・手術・放射線療法の3つを武器にした医療です。先進国の国立の医学部で教育されている医療です。


2)の代替療法は、簡単に言えば1)以外の全ての医療ということになり、例をあげればメディカルハーブやアロマテラピー、それに心理療法・カウンセリングに整体・マッサージなどのボディワーク、それに食事療法やサプリメントから音楽療法まで、古今東西のありとあらゆる「癒しの技」が実践されています。

ふたつの医療を比べてみると、1)の西洋・近代医学は悪い菌を抗生物質で破滅させたり、悪い部分を手術で切除するなど、対象に何らかの攻撃を加えるな手法となります。一方、2)の代替療法はヒトの自然治癒力を高めることを基本に据えていて、こころや体に与えるダメージが少ないため、子供や女性、お年寄りなどに適した医療と言えるでしょう。
2008.08.18 Monday 09:41 | 統合医療にかける期待 | - | -

米国の代替療法の利用者は、実は裕福な知識階級

米国で50%以上を占める といわれる非保険者が高額な医療費が必要とされる西洋医療を受けられず、代替医療を 利用しているものと思われていたが、実際はむしろハイソサエティの裕福な知識階級が代替医療を利用していることがわかっています。
2008.08.18 Monday 09:38 | 統合医療にかける期待 | - | -

祈り療法

少し古い記事ですが、、
アメリカでは祈りも代替療法の一つです。

米国で6割以上が代替医療を利用〜マインド重視傾向さらに高まる
米国では一般生活者の間で年々代替医療への関心が高まっているが、米国政府も GMPのかなりの部分(15%以上ともいわれる)を占める医療費の高騰を食い止める ため、安上がりで疾病予防効果の期待される代替医療(西洋医療以外の医療)を 医療現場に取り入れ、チーム体制で治療にあたる、統合医療の構築をここ数年 進めている。90年代に入り、米国での代替医療利用率は30%に達するとの調査結果 が出たが、最近の報告では60%以上が利用しているともいわれている。米国に おける代替医療利用の最新情報を報告する。
全米の18歳以上・約3万1000人を対象に、代替医療の利用率を調査
米国で、1993年にハーバード大学のアイゼンベルグ教授らが代替医療の利用率を 調査したところ、1990年に入って以降の利用者は34%にのぼることが判った。3人に 一人が非西洋医療を利用していることになるが、それまで、米国で50%以上を占める といわれる非保険者が高額な医療費が必要とされる西洋医療を受けられず、代替医療を 利用しているものと思われていたが、実際はむしろハイソサエティの裕福な知識階級 が代替医療を利用していることが判り、マスコミでも話題となった。その後、1997年 の調査では代替医療の利用率は42%に増え、年々浸透していることが明らかとなった。
米政府は医療費削減という緊急課題を抱えていることもあり、米国立衛生研究所(NIH) 内に特別の予算を計上し、代替医療の専門調査機関である全米代替医療センター(NCCAM) を90年代後半に設置。そこでハーブ・サプリメントを筆頭に代替医療の有効性について 検証を行っている。
その全米代替医療センター(NCCAM)と疫病対策予防センター(CDC)の最近の共同調査 報告によると、アメリカで18歳以上の62%が、ビタミンなどの栄養補助食品や祈り療法といったなんら かの代替医療を利用していることが明らかになったという。 それによると、全米の18歳以上約3万1000人を対象に、鍼療法、カイロプラクティクス、 栄養補助食品療法、食餌療法、メガビタミン療法、祈り療法など主だった27タイプの 代替医療について利用度を調査したところ、利用度トップ10は次ぎの通りとなった という。
1位 祈り療法(自分の健康のため自分で祈る)…43%
2位 祈り療法(自分の健康のためほかの人に祈ってもらう)……24%
日本では奇異な感すら受けるが、米国では人口 の95%が神を信じる(ギャロップ世論調査)といったこともあり 、祈りによるヒーリング(癒し)効果を信じる人々が多く、全く 費用のかからない療法ということもあり、国民の間で浸透している。 米国立衛生研究所(NIH)などの政府機関も祈りによる治療効果を裏付ける研究に乗り出し ているといわれるが、デューク大学医学部(ノースカロライナ州)が1986年から1992年に かけ、65歳以上の男女4000人を対象に祈りの効果を調べた調査では、祈っているグループ の死亡率は祈らないグループより46%低く、祈っている高齢者は、健康で長生きしてい る、ということも報告されている。 祈りによるストレス緩和で副交感神経を優位にし、免疫力を高めることもいわれているが 疾病改善に至るメカニズムの解明がまたれるところ。
3位 ハーブや栄養補助食品の摂取…19%
代替医療といえば、やはりハーブ・サプリメントを用いた栄養療法が上位についている。 医療現場でも、ギンコ(イチョウ葉)やジンセン(高麗人参)、ガーリックなどの利用率が高い。
4位 深呼吸療法…12%
日本でも西野呼吸法など、呼吸や「気」と健康の関係が知られているが、こうした呼吸法は、 米国でも今最も話題の代替医療としてメディアで頻繁に取り上げられている。深呼吸 でストレスレベルを下げ、ホーリスティックなアプローチで痛みの緩和をはじめ心身 の健康維持に効くとされ、マインド・ボディのホットトレンドになっている。
5位 祈りグループに参加して自分の健康のため祈る…10%
ここでも祈り関連の療法がランクインしている。グループに参加しての祈りで、集団の 中での祈りのほうが効果が期待されるというもの。
6位 瞑想…8%
これも祈り療法に類するものでストレス緩和の定番ともいえる療法。以下、カイロプラクティクス、 ヨガ、マッサージと軽いエクソサイズの部類が続く。
7位 カイロプラクティクス…8%
8位 ヨガ…5%
9位 マッサージ…5%
10位 食餌療法…4%
今回の調査で、上位についてるものがマインドを重視した療法であることがわかる。 これまで、肉体を物質オンリーでみなしてきた西洋医療への反動からか、心が肉体に 働きかける影響について米国民は強い関心を持ちつつあるといえる。
2008.08.18 Monday 09:36 | 統合医療にかける期待 | - | -