放射能より怖いもの

伊藤先生が訳されたプラシャーンティ・ド・イェーガー Prashanti de Jager 氏の「放射能とアーユルヴェーダ」より



(引用)

人類は、放射線の脅威をはね返し、何百万年もかけて進化してきた。DNA修復にすぐれた種のみが生きながらえた。DNA修復は、わがDNAの一部なのだ。 さまざまなハーブ(薬用植物)は、そのDNAの力をさらに引き出してくれる……

おのれのDNAを信頼し、ハーブの助けを借りれば、低濃度の放射線であれば、怖れるに足らず。それよりも怖いのは、フクシマ以来、世界にはびこる恐怖と悲観主義である。アーユルヴェーダによると、恐怖に打ちのめされ萎縮した心は、ハーブの支援も拒否し、心身を根っこから腐らせる業病(ごうびょう)のひとつである

+++++++++++++++++

我が家でもホーリーバジルを植えてみました。
小さな芽がたくさんでてきましたよ!
2012.10.28 Sunday 09:41 | 伊藤武先生に学ぶヨーガ | comments(0) | trackbacks(1)

Comments
Post a Comment.
 
Trackbacks
Trackback URL : 
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2012/11/05 12:57 AM