マタニティ・ヨガ

妊婦さんには通常のヨガやピラティスでは出来ないポーズや危険なポーズがあります。それらを回避し、無理のないポーズで、妊娠中の精神・肉体・呼吸を整えることを目的とするのがマタニティヨガです。また、マタニティヨガで学んだ呼吸法とリラックス法は、お産の時に役立ちます。

妊娠中の運動不足や不調に対処

妊婦さんはどうしても運動不足になりがちです。また、むくみ、腰痛・肩こり・足のつりなどの不快症状に悩まされることもあります。今までは何でもなかった動作や作業が出来なくなったり、妊娠により起こる様々な変化への戸惑いもあるでしょう。そんな大変な毎日に少しでもヨガを取り入れることで、日常のフットワークがきっと軽くなっていきます。

母性に働きかけるヨガ

妊娠中は、ホルモンの変化から、感情や心の変化がめざましい時です。急に寂しくなったり、イライラしたり・・・・・そんなときは鼻での深い呼吸です。自律神経に働きかけることで、妊娠やお産に必要なホルモンの調節がスムーズに行えるようになります。また、ヨガはゆっくり自分と向き合える贅沢な時間です。胎児との一体感、赤ちゃんを迎えるための心の準備などができるようになります。

赤ちゃんとのコミュニケーションの時間

妊娠中はお腹の中の赤ちゃんとコミュニケーションするゆったりした時間を取りたいものですが、女性のキャリア志向やライフスタイルの変化に伴い、毎日の忙しさからお腹の中の赤ちゃんに意識を向ける時間を取れない状況も避けられません。ひとつ、ヨガの時間をその時間に充てていただければと思います。ポーズにこだわる必要はありません。楽な姿勢で座り、肩の力を抜いてリラックスし、ゆっくりと呼吸をしながら自分の呼吸と赤ちゃんの存在を感じてください。

体力と柔軟性アップに

根気よく続けることで、骨盤底を開く、膣・肛門を引き締める、関節可動域・筋肉伸展の向上、体力の維持などが計れます。骨盤を開きやすくしておくと出産が楽になるほか、出産後も骨盤がもとの状態に戻りやすくなります。また、自分と向き合うことで、妊娠によって変化していく自分の身体を十分に理解を深め、普段の生活姿勢への意識が変わったり、ヨガのポーズを取り入れてみたりすることで、セルフケアが楽しくなります。

お母さんの呼吸と赤ちゃん

陣痛が来たときに痛みをこらえようと、つい呼吸を止めてしまうお母さんもいますが、お母さんが呼吸を止めるとお腹の赤ちゃんは呼吸ができなくなってしまいます。痛みを和らげるには、思いっきり息を吐いて力を抜くこと。これを覚えると、お産がずっと楽になります。

リラックスして出産

出産で重要なことは「リラックス」といわれています。特に初めての出産のケースは皆さんどうしても緊張してしまい不安や苦しみからどうしても出産時にはリラックスが難しいものです。ヨガは腹式呼吸の習得、自律神経系の鍛錬を繰り返し行う事により、精神のコントロールによる痛みに対する対処法や深いリラックス状態を身体で覚えることができます。体力だけでなく、メンタル面でもマタニティヨガは出産時に役立ちます。

避けたいポーズ

うつぶせ、身体を反らせる、逆立ち




2008.08.18 Monday 09:54 | マタニティ・ヨガ | - | -