アメリカで活発な統合医療の教育

薬や手術による西洋・近代医学とハーブ・アロマ・食事療法・マッサージ・音楽療法などの代替療法の両方を視野に入れて、患者さん中心の医療を実現しようという統合医療への取り組みが欧米で広がりつつあります。
この流れを受け、米国では多くの医学部で統合医療の教育が行われています。
統合医療のリーダーであるアリゾナ大学のアンドルー・ワイル博士が提唱する

統合医療プログラムの目的
1)現代医学の内側に統合医療モデルを構築することと、 
2)新しい医学教育モデルを構築して、他の医学校に提供すること
3)医師・薬剤師・看護師などに統合医療の理論と臨床を教育すること

ここでのポイントは、統合医療は決して西洋・近代医学を否定するものではないということです。薬害や副作用を恐れるあまり、薬を否定して食事療法や健康食品、気功や瞑想などの自然療法だけに頼るのは、ときとして非常に危険な状況を招きます。


2008.08.18 Monday 09:51 | 統合医療にかける期待 | - | -