自分に同情してみる:自分への優しさからスタート

今度怒りを感じたら、どんなニーズが満たされていないからそれが怒りというかたちをとっているのか冷静に考え、まず自分に話してみましょう。 「かわいそうに、私はこんなニーズが満たされていないのね」と。そして、そういうかわいそうな私にこんな感情がわき上がってくるのは無理もないわ、と。そして次が大切です。「だけど」「優しくできる?」と自分に聞いてみるのです。
 
ノンバイオレントコミュニケーションのために自分ができる4つのこと
1 自分への静かな共感 
2 自分の表現方法が相手にどう受け取られるか考えてみる 
3 相手に同情・共感することに注力してみる 
4 他の要求ができないか、考えてみる 

3について、具体的には、Please と Thank you を言うことも言われることも、いつも以上に意識してみることです。
「どうして遅刻するの?怒」ではなく Please で言い換えてみる。 「遅刻しないでくれると嬉しいな、ありがとう」 

ノンバイオレントコミュニケーションを学ぶと、その方が間違いなく状況がよくなる、ということがわかってきます。
2012.01.30 Monday 09:59 | - | - | -