女性はニーズを隠し、男性は感情を隠す傾向

特に女性は要求を表現するのがはしたないという暗黙のルールのもとで育てられます。対して男性は感情を表現したら終わりだというような気持ちがあるようです。なので女性に「あなたは何を考えているかわからない(怒)!本当に私のことを愛しているの?!ちゃんと表現してよ!」などと問いつめられてしまうのです。

************

ニーズを隠す例として一つのエピソードをご紹介します。
デートでドライブをしているとき、女性が「ねえ、喉乾かない?」と男性に聞きました。
男性はとても優しい口調でそして正直に「乾いていないよ、ハニー」と答えました。
女性はなぜだかとてもイラッとしたそうです。

************
女性は自分は喉が渇いたよ、と言いたかったのですね。でも、そういう要求をストレートに表現したら、ずけずけしていると思われないかしら、ということでオブラートに包むように表現してしまったのです。「ねえ、私喉が渇いたから、ちょっと止まってくれない?お水買ってくるけど、あなたもいる?」と言えれば、男性も逆恨みされることがなかったでしょうし、女性もニーズが満たされたはずです。
2012.01.30 Monday 09:21 | ノンバイオレントコミュニケーション | - | -