Judith先生のテレクラスより

先日、リストラティブヨガの恩師であるJudith Lasater 先生のテレクラスを受ける機会がありました。その中から印象に残っていることをいくつかご紹介します。

***********

リストラティブヨガがアメリカで普及し始めているのは、忙しい、忙しいというアメリカの文化がそれを必要としているからだと言っていました。

交感神経は一度に一つのことしかできず「即断即決」のような現代人にありがちな行動パターンに使われるため、現代人はどうしても交感神経優位の生活に偏りがちです。ホルモンや神経の調子を整える副交感神経はゆっくり長く働きますが、アメリカや日本の文化の中で、これをきちんと働かせるのが難しくなってきています。

本来日本の文化には、副交感神経の働きを促す要素がたくさんありました。禅とか茶の湯とか、生け花とか。。

Judith先生は昔、日本の禅の大家「Suzuki Hiroshi」さんにインタビューしたとき、Rest is Every Moment ( 特別に休む時間があるのではなく、わたしにとってはいつの瞬間も休みなのです ) と言われ衝撃を受けたと話しています。


2010.11.01 Monday 08:49 | - | - | -