生命の未来を変えた男, 山中教授のNHKスペシャル

9/18 (土) 夜10時からNHKで「生命の未来を変えた男」IPS細胞に関する特集番組が放送されます。この番組、予告編では「パンドラの箱を開けた男」だったのですが、最近タイトルが変わったようです。パンドラの方が実感湧いたのに、と思います。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/100918.html 

人生とは、命とは、寿命とは、考えさせられそうな番組です。

下記、番組サイトより抜粋
10月4日に発表されるノーベル医学・生理学賞に最も近い1人とされる京都大学の山中伸弥教授。山中教授らが世界で初めて作製した万能細胞「iPS細胞」は、“医療革命”をもたらすとして、世界中の研究者や製薬会社が研究や開発を進めている。がんや認知症といった治療が難しい病気の解明や治療薬の開発が進展すると期待されているからだ。 さらに、臓器や組織を再生する「再生医療」への応用、それに、遺伝子の働きや寿命といった生命の謎を解き明かす研究への期待も高まっている。 その一方、「iPS細胞」の技術を使うと、同性同士の遺伝子を持つ子どもの誕生や、人間と動物を掛け合わせた「キメラ」も可能になるなど、これまで人類が経験していない社会の到来も見えてくる。 NHKでは、立花隆さんと国谷裕子キャスターを聞き手に、世界が注目する山中教授に初めて、5時間に及ぶロングインタビューを行った。「銀河鉄道999」で「永遠の生命とはなにか」をテーマに描いてきた松本零士さんが、番組のために描き下ろした漫画も挿入しながら、人類にとっての“パンドラの箱”を開いた山中教授と「iPS細胞」の世界を伝える。
2010.09.15 Wednesday 20:41 | - | - | -