9/7 神様は人間においしいバナナを与えて下さった。人間はそれを皮を剥いて食べます。

静かに座り、あなたが今考えていることの多くが、実は人生全体という視野からみるととるに足らないことばかりかということに気づいて下さい。ゆっくり息を吸って、息を吐いて、愛する人がいる幸せ、そして人生に転がっているたくさんの宝物、それらを慈しみましょう。そして今日という一日の残りはもっと軽やかな気持ちで過ごしてみましょう。原文:Judith H. Lasater 著「A Year of Living Yoga」より訳文 岡部 朋子

シニアヨガのワークショップでは生徒の皆さんにはヨガマットは必ずしも持ってこなくていいですとお伝えしています。椅子とバスタオルでクラスを組み立てたいからです。でも、一応自分では持っていくときもあります。

先日の仕事始め。母に航一を預け、白いボストンバックにテキストやら道具を詰めこみ、ドキドキしながら地下鉄に乗りこんだところ、主人から「いよいよだね、応援しているよ、頑張ってね!」のメールが。(ああ、緊張するなあ、気をしっかり)と思った矢先、私は今日からヨガの先生なのにヨガマットを忘れている自分に気がついてしまいました。メールで「ヨガマット忘れた・・」の返事に主人もあれあれと思ったことでしょう。でも、即座に「でもいいの。シニアヨガは、マットを忘れてもできるのがいいところなの!」と自分で自分にフォロー(?)のメールを入れてしまいました。「はは、うまく乗り切ったね」と言われましたが、この乗り切りこそが軽やかに生きていく逞しさなのでしょうか。

身体は物忘れしないように、抱っこ腹筋を始めています。

2010.09.07 Tuesday 12:11 | A Year of Living Your Yoga | - | -