ヨガを人々の健康志向に役立てていこうという動き

アメリカのヨガ人口は2,000万人で、ヨガは11億ドル(約1,200億円)産業です。一方、日本のヨガ人口は33万人を数え市場規模は 227.7 億円、2010年には100万人を超えると予測されています。
ヨガは世界の人々が一つになって社会をよりよくしていくためのツールとして、今後いっそう大きな力を持っていくことでしょう。このマーケットを利用して、社会をよりよい方向に変えていく力を生み出していく動きがあります。アメリカではすでに、Yoga Health Festival という、ヨガを人々の健康志向に役立てていこうという啓蒙的なイベントが始まっています。
文化や環境が違っても、私たちは皆共通の意識や知性を持っているのだと思います。医療費の問題は日本だけではなく、世界各国が悩み、挑戦している、最重要課題です。
2008.08.17 Sunday 18:30 | ヨガ・セラピーにかける想い | - | -