バンクーバーのトップ選手たちもヨガでセルフコンディショニング

最新号のヨガジャーナルに、2010年バンクーバーオリンピックのトップ選手たちもヨガでコンディション調整をしているという記事が載っていました。(34-36ページ)

アメリカのチームでは
  • Sasha Cohen選手(フィギュアスケート)
  • Emily Cook 選手(フリースキー)
  • Katherine Reutter 選手 (スピードスケート)
他、多くの選手が激しい競争に晒される中、身体と精神とのチューニングにヨガを活用しています。記事では、クロスカントリースキーヤーの Chandra Crawford 選手, アルペンスキーヤーのEmily Brydon 選手, フリースタイルスキーヤーの Shannon Deanne Bahrke 選手への具体的なインタビューが載っています。

Chandra選手は集中力の向上に、Emily選手は自身のスローダウンのために、Shannon選手は強さとは何かを考えるのに役に立ったと語っています。

2010.01.23 Saturday 23:04 | ヨガとその他のスポーツ | comments(0) | trackbacks(0)

Comments
Post a Comment.
 
Trackbacks
Trackback URL :