The Living Gita

セラピーとしてのヨガの本ではありませんが、ヨガの良書です。アメリカのヨガスタジオでは広くテキストとして使われています。



インドのヒンドゥ教の二大叙事詩は、『マハーバーラタ』と『ラーマーヤナ』す。リビング・ギーターのもとになっている、バガヴァッド・ギーターは、『マハーバーラタ』の第六巻に入っています。
『バガヴァッド・ギーター』では、主に三つのヨーガを述べています。それは、
ジュニャーナ・ヨーガ「知識のヨーガ」
カルマ・ヨーガ「行為のヨーガ」
バクテイ・ヨーガ「信愛のヨーガ」
です。The Living Gita は、これを現代人にもわかりやすく訳しなおされたもので、アメリカのYogiたちの間ではヨガの古典として定番のテキストとなっています。18のチャプターからなり、Yogaを様々な切り口から問答+解説しています。

2008.08.17 Sunday 18:09 | 推奨ヨガ書籍 | - | -