信濃町に新クラス:認知症介護の合間にヨガでリラックスしませんか

 先日シニア・ヨガを受講いただいた先生からとても嬉しい感想をいただきました。 (今までもいただいていたのですが、あまり載せる機会が無く申し訳ありませんでした!) 

まさに私が学びたいことを先生が熱心にまた細かく丁寧に必要なことを教えてくださったことにただただ感謝するばかりです。介護施設や、医療現場そして体の不自由なかたとヨガの懸け橋に私がなれればということは本当に私の夢であり又そのような方にとって多分何かしらの扉をひらける力やきっかけになるのではないかと強く感じていました。ヨガが何か氷ついているものをとかしていってくれるものと強く思うのです。又この思いは、もしかしたら母からの体をはったメッセージなのかなと思いながらなにかできないものかとずっと思っていました。(以上抜粋)

辛島先生のご協力を得て、10月より信濃町にて、認知症の介護の方のためのクラスを開講します。おそらく火曜日か水曜日になります。先生はこれまでご実家九州の介護施設で認知症の方向けにヨガのクラスを提供されてきました。東京では訪問してのクラス開講という形で介護施設にアプローチするのに時間がかかります。そこで、「介護をされている方々の心と身体のリラックスを目指すヨガの時間」を提供できたらと思います。

ゆくゆくは認知症の方々とヨガを楽しむ時間を持ちたいとおっしゃっている先生のクラスレポートをご紹介します。

ご覧の通り、参加いただいたほとんどの方は車いすが必要であり、身体を動かすこともままなりません。皆さん、半分寝ています。 そこで、こんなところを工夫してみました。
  • ご老人が疲れない時間の設定(30分) 
  • 誰でもできる動作を組み立てること 
  • とにかく楽しんで参加してもらうこと 
  • でも、始めは一部の方のみしか身体を動かせません。 
しかし、笑いを導入して楽しくやっていると、少しずつですが皆さんの身体が動いてきている。動かそう、動かしたい、という意志が出始めていることが分かると思います。 場の雰囲気も和んできます。施設の職員の方々も驚かれたのですが、特別養護老人ホームの方々はこうした動きをすることが滅多に無いそうです。 
次第に皆さんの動きが大きくなってきていることがわかります。 クラスの雰囲気も本当に明るくなってきました。「笑い声」も聞かれるようになりました。 
ほとんどご自身では身体を動かすことが出来ない方でも、こうして補助を受ければクラスに参加できます。最初の写真と比べて皆さんの表情が格段に和んでいます。 
Yogaは全ての人が楽しむ事が出来るものです。 そして愛情を持って接すれば、大きなエネルギーを作り出すことができます。 それによって『可能性』が『無限』に広がっていきます。(以上抜粋)

辛島先生からは、介護施設で楽しむヨガの経験談なども直接お聞きできる貴重な機会かと思います。信濃町駅から徒歩三分のスタジオです。ぜひ気分転換にクラスを体験しにいらしてください。詳細まとまり次第、またご案内申し上げます。
2009.09.19 Saturday 15:55 | ヨガと認知症 | comments(0) | trackbacks(0)

Comments
Post a Comment.
 
Trackbacks
Trackback URL :