1000人が総立ちで拍手:ヨガ療法の研究を始めたインドの女性ドクターへ

シンポジウム3日目はすごい光景ばかり目にしました。

キーノートスピーチで、インドでヨガの医学的検証に関する研究をまだ黎明期から始められたShirley Telles博士(PhD)のプレゼンテーションがありました。
皆の期待が大きいのも、会場の雰囲気から伝わってきました。タイトルは
Yoga Research in India: Past, Present and Future  

ヨガの医学的検証がいつ頃から起こり、どういう研究機関が設立され・・どういう経緯で現在に至ったかについて、実に詳しく、中立的で、しかも客観的でわかりやすいプレゼンが終わった瞬間、耳が割れんほどの拍手に、世界から集まった(ほとんどがアメリカ)1000人の聴衆は総立ち(もちろん私も)、しばらくの間立ち尽くしていたのでした。

アメリカの医学界やNIH(国家保健機構)のヨガに対する関心の高さは、インドの伝統医学に対する心からの経緯と尊敬に基づいており、素晴らしい研究成果には国境にこだわらず評価を惜しまない、という現場を目の当たりにし、インドとアメリカをつなぐヨガという架け橋の丈夫さを感じました。

もう一つの感激は次のコラムで・・・

2009.03.16 Monday 09:56 | ヨガ先進国のアメリカでは | - | -