ヨガが代替治療として認められる日

3/5-8 ロサンゼルスで行なわれた、ヨガ・セラピストの国際シンポジウムに参加してきました。何を隠そう、私も国際ヨガ・セラピスト協会のメンバーです。昨日帰国し、学んだ内容を忘れないようまとめています。追ってアップしていきますが、取り急ぎ。

ヨガ・セラピーとはなんぞや。と思われる方がほとんどでしょうか。
あるいは、何となく聞いたことがある言葉、ヨガとどう違うの?と思われる方もいるかもしれません。

ヨガの学術的研究が開始されてから、アメリカやインドではヨガ・セラピーという新しい領域が誕生しました。というか、あえて一般的なヨガと区別する意味で「ヨガ・セラピー」というジャンルが生まれたのです。(提唱者は、ベロニカ・Zadorさん、もと国際ヨガセラピスト協会の会長)

そして、ヨガが代替医療の一つとして、人々の健康に貢献できることを研究していく動きが始まりました。アメリカはこういう動きがとても速いのです。そして、今年は協会も20周年を向かえ、これまで発表された研究論文は数えきれません。
他の学問領域と同じように、医学博士や、心理学博士ヨガの専門家などが活発に論文を発表し、皆で研究成果を共有していこうとしています。

国際ヨガセラピスト協会はアメリカがリードしていますが、研究は世界各国から寄せられています。メンバーの占める割合は、アメリカが84%、カナダが6%、残り10%がその他です。今回も14カ国(カナダ、イスラエル、スウェーデン、インド、中国、日本、オーストラリア、エルサルバトルなど)からの参加がありました。

5日の午後は7つのグループにわかれて研究発表が行なわれました。私はシニアに参加しました (なにしろ、www.senioryogafit.luna-works.com なので)

しかし、会議の最中に大きなアクシデントが!
それについては、
に書きましたが、なんと、市からホテルへの電力供給がストップしてしまったのです。自家発電の電気を使いながら、セッションは続きましたが・・・、そしてオープニングセレモニーではティモシー先生の講演が予定されていました。あいにくスケジュールも大幅に狂い、プレゼンテーションも使えなかったのですが、そこはさすがティモシー先生、とても面白い話をしてくれました。下記に一部ご紹介します。
2009.03.10 Tuesday 12:37 | ヨガ先進国のアメリカでは | - | -