登山をしながら楽しめるヨガ

中国は杭州から黄山に登ってきました。中国の人はこの山に登ってしまうと他の山に対する興味がなくなってしまうと言われるほど絶景の中の登山でした。 登山をしていると疲れるところは、ふくらはぎ、腰、背中、いろいろあります。
サイクルヨガもそうですが、酷使するところを緩やかにストレッチし、普段使わないところをバランスよく強化し、呼吸を送り込み、副交感神経の働きを高めることが、クロストレーニングとしてのヨガの狙いです。
登山をしながらできるポーズも沢山あります。
腕を後ろで組んで、大きく胸を開いて、緑の中で深呼吸。これは文句なしに気持ちいい!
腕を後ろで組んだまま、脚を開き、腰を蝶つがいのように使って前屈。肩甲骨とももの裏側の気持ちいいストレッチです。
樹木に手を添えて木のポーズ。続けて片方の膝を後ろに曲げて手で持って、腿の前側のストレッチ。樹がとてもいいサポートになってくれます。今度は片膝を身体の前で抱えて股関節のストレッチ。腕をほどいたら、片腕ずつ上に上げて体側も気持ちよく伸ばしておきましょう。
随分リフレッシュして歩き始められそうですね!ピラミッドもいいですよ。何と、ラッキーなことに写真を撮ったら背中に虹が☆

2008.08.29 Friday 16:16 | ヨガとその他のスポーツ | - | -