マタニティヨガクラスで聴いた素敵な詩:子宮の歌

第二子を出産予定の病院には、月一回マタニティヨガのクラスがあります。
リラックスの仕方を覚えてくださいね、というとても素敵なクラスです。
先生は助産師さんです。
先日、その助産師さんがクラスの最後に素敵な詩を朗読してくれました。

私が好きなヨガの言葉
" Separation causes Sufferings " 
「気持ちが離れちゃうと、よからぬことを考えちゃうんだよ」

子宮や陣痛を敵視するのと、いっしょに頑張ろうね、と思うのでは、もちろん痛みの感じ方も異なってくることでしょう。
陣痛が、我が子がかわいい呼吸を始めるためのものだと思えば、頑張って!と応援したくなるかもしれません。

前回のお産は初めてだったこともあり、こんな風に考える余裕がありませんでした。今回はせっかく素敵な詩を教えてもらったわけですし、心にとどめたいと思います。

子宮の歌

九島璋二先生著【安心できる はじめての妊娠と出産】から引用 

私は子宮です。 
私の唯一の働きは収縮です。収縮はエネルギーです。 

今、私は妊娠して赤ちゃんを抱えています。 
きれいな羊水をいっぱいに満たし、その中に赤ちゃんを浮かべて育てています。 
時々はかわいくてたまらず、優しく収縮して抱きしめてしまいます。 
しかしやがて赤ちゃんとの悲しい別れが来ます。 

お産の時がくると、私は赤ちゃんをこの世に送り出すために 
収縮して子宮口を開きます。 
そしていよいよ赤ちゃんが生まれる時には 
収縮するたびに赤ちゃんの胸を圧迫して呼吸運動を整えます。 

私の不満は、私の主人であるあなたが、私に「陣痛」という名前をつけて 
嫌な目で見ていることです。 
私は何もあなたを苦しめるわけではありません。 
むしろ私と一緒になって赤ちゃんの誕生に力を貸してください。 

いえ、そんなに難しいことではありません。 
私が力いっぱい収縮したら 
『あら、ご苦労さま。お願いね』と言って 
心と身体をリラックスしてくれれば、それで十分です。 

そしてゆっくり息を吐いたり、動きたいように動いてみてください。 
それだけ私の仕事ははかどります。 

まあ、妊娠中も時々は私に会いに来てください。 
そして私が抱いている赤ちゃんに会ってくださいね。 

私たちはよい仲間なのですから、さわったり、なでたりしていただくと 
私は本当にうれしいのです。 
それではお産の時にまた会いましょう。さようなら

I am a womb. 
I am dedicated in contraction, which is energy. 

I am pregnant, holding a baby.
Filled with the clean waters, where the baby is floating. 
It is hard to refrain hugging gently, as such I cherish. 

However, I could not avoid the saddest time of parting. 

I start contraction to open the cervix to send the baby off to the world. 
This contraction enables baby breathing regularly. 

I am honestly reluctant when you call it “ Labor pains “ to contempt. 
I am not willing to torte you. 
I rather need your corporation. 

It is quite simple. 
Please devote yourself relaxed generously when I contract utmost. 
Then breathing out and let you go as you feel. 
Breathing in, Breathing out, and relax. 
It helps my work. 

I am not your enemy, but your fellow. 
I am happy when you touch me or stroke me. 
See you again when the time coms. 
I love you. 

“ I am a womb “ Quoted by the books “ Anshindekiru hajimete no ninshin to shussan, 1998 “ 
Translated by Tomoko Okabe, E-RYT Yoga teacher living in Tokyo Japan 
2014.10.08 Wednesday 19:13 | - | comments(0) | trackbacks(0)

Comments
Post a Comment.
 
Trackbacks
Trackback URL :