女性の懐

尊敬しているヨガの先生の講座があるということで、だめ元で図々しくも「子連れでもいいですか。」と相談をしましたところ、先生の片腕の女性からいただいたメールをご紹介させていただきます。

「やってみて、うまくいかなきゃ、その時考える派、です。わたし。 センセにも、同様のメールをしました。お引受しましょうよ、と。 ヨガナンダの著書、だったと思いますが、ご飯食べきれなくて、まず半分、それから、その半分、また、その半分、、、としていたら、結局全部食べてしまった。という、逸話があります。 まず、1/4次に2/4そして3/4、、、。そんな風に、区切って考えるといいかも?ですね。 お!いま、センセより、どうぞ、とのメールきました。」

私も、こんな風に対応ができる、懐の深い女性になりたいものです!
2013.01.17 Thursday 20:49 | 伊藤武先生に学ぶヨーガ | comments(0) | trackbacks(0)

Comments
Post a Comment.
 
Trackbacks
Trackback URL :